子育ても仕事もどちらも笑顔でいたい

これがわたしの Funワーク

Funワーク = 自分の「好きや楽しい」を仕事にして、子育てとの両立をする働き方

そんなFunワークに踏み出した人を応援するインタビュー企画



―あなたの理想とするFunワークを聞かせてください。


理想はずっと笑顔でいられるママでいることです。

以前の会社勤めの時と違って、今は心と時間に余裕ができて、子どもたちの顔をちゃんとみて向き合えるようになっています。


最近、夫婦で子育て情報を発信するインスタも始めました。そのアカウントで発信して色々試しています。この前はリールに挑戦して、1日で3000回閲覧があったので反響がすぐにわかって嬉しかったです。


動画編集のスキルも学んだので、家族で出かけた後はVlogもつくって思い出を残したり、「趣味」と「学び」と「仕事」が全部つながっていて楽しんでいます!


まだ模索中ではありますが、子育ても仕事も、どちらも犠牲にせずに、どちらも楽しみたいと思っています。



―Funワークを始めて、ご家族やお子さんとの関わりはどう変わりましたか?


いまは家族との時間に心の余裕をもって過ごせています。

それが一番大きく変わったところです。

「お母さん優しくなったね」と言ってもらえた時に

子どもたちにも優しく接することができているのかな、と感じています。


お休みの日にどこにいく?と夫と話している時も、

「動画を取りたいからここに行ってみようよ」っていう感じで二人で考えるのも楽しいです。

夫がいなかったら無理をして仕事を続けていて身体を壊していたと思います。

退職で悩んでいる時に、背中を押してくれて

今は働き方のアドバイスもしてくれて、一緒に楽しんでくれる。

インスタも動画編集も一緒につくって、本当に夫は最高のパートナーですね!

家族との時間が前よりもっと楽しくなって、幸せを感じています。


あとはとにかく自分のための時間が増えたことが嬉しいですね。

いま始めたSNSのスキルアップはいずれフリーランスになって活用できるかもしれないし、

もしかしたらフリーランスじゃなくてスキルを活かしてまた正社員になる道もあるかもしれないなと思っています。

何かに繋がればいいなという想いで、やっていることが全て無駄ではなく必ず役に立つと思っています。


―以前はどんなお仕事をされていましたか?


損害保険の会社に勤務していました。

お客様や代理店からの電話対応や、契約事務などの事務職をしていました。

産休や育休もしっかり取りたいと考えていたので

大手の福利厚生が整った会社を選び新卒で入社しました。


子どもを出産して、育休明けからは時短勤務で働いたんですが、

常に時間に追われていて心が休まらなかったです。

通勤に往復4時間もかかっていたし、帰宅してからも疲れや会社の

ことを引きずって子どもにきつくあたってしまった時もありました。


せっかくの休日も子どもたちのことより仕事のことを考えてしまっていたので、

そのうち自分自身も体調不良になってしまい、両立に限界を感じていました。

26才で出産したので、周りに相談できるようなママ友もいなくて

自分で自分を追い込んでいってしまったんです。


もちろん、夫は日ごろから家事を積極的に手伝ってくれていました。

洗濯、掃除、保育園の送り迎え、料理、片付けなど全部です。

夫は夜勤もあって、私よりも激務なのに、文句も言わずいつも支えてくれていていました。

でも、当時の私は、自分が大変すぎてそんな夫に感謝するどころか

サポートは「当たり前」ぐらいに思ってしまっていましたね。


夫の協力があっても、毎日子どもたちと寝落ちしてしまい、夜中3時頃に起きて夕飯の片付けをはじめる・・

本当に幸せなのかな?

私何しているんだろう?と毎日が楽しくないなと思ったんです。


ある時、夫に「仕事もう辞めてもいいんじゃない?」と言われてハッとしたのを覚えています。きっと夫は一番身近で私のことを見てくれていたので、夫も限界を感じていたのだと思います。


―それからご自身はどう行動されましたか?


まず職場に退職の相談をしたら、異動を薦められました。

ですが私には「続ける」という選択肢はありませんでした。

結局、正式な退職は、引継ぎなどもあり 半年後にと決まりましたが、

その話が決まってからすぐに

webスクールのSHElikesに申し込みました。



―どうしてwebスクールで学ぼうと思ったのですか?


「今の自分に何ができるか?」と考えたんですが、自分にはスキルといえるものが何もないなと思ったんです。

そんな時インスタでWebスクールに目がとまりました。

単純に、子どもとの時間がもっと欲しいから、在宅でできる仕事っていいなと思ったからです。


元々、夫もカメラやスマホで動画編集したり、趣味でやっていたので

SNSを学ぶことに抵抗はなかったですし、自分の身近に感じられるものでした。

いつか夫と一緒にSNSを仕事としてできたらいいなと思うところもあったと思います。



―スキルアップにはどんな準備が必要でしたか?


SHElikesの入会受講料は30万円ほどでした。

画像編集や動画編集など全27種類のコースが定額で受け放題というものです。

SNSのスキルについて学びたいけど、何からどう始めていいか分からないという私には、

全部のコースが受けられて、自宅で何度も閲覧できるので、決して高い金額とは思いませんでした。



―今はどのようにスキルアップ/複職をしていますか?


webスキルの勉強をやってみて思うことは、一人で動画をみてソフトの操作方法だけを覚えても正直身につかないんですよね。

ちゃんとそれをアウトプットしないと何が分からないかも分からないし。

すぐに収入にできるほどのスキルがつくわけでもないので。

まずは勉強したスキルを活かせるような実践できる仕事が近所で無いかなと思って仕事を探しました。

退職まで半年ありましたが、運よく、パートですが、SNS運用のお仕事があったので、半年後の入社希望で応募したら採用されました。


Webスクールで覚えたスキルを、パートの仕事で実践して、という良い相乗効果ではたらけています。

仕事もインスタグラムのコンテンツをつくったり、webメディアの運営をしたり、いつか自分がフリーランスではたらくことになったら役立つことが学べるので楽しく仕事につけています。


いまパート勤務が週4日で15時までなので、保育園のお迎えまでにカフェによって1時間程度勉強する日もあります。毎日だと疲れちゃうから、たまにですけどね。(笑)

―会社員時代と今では収入はどう変化しましたか?


辞めるときは、時短勤務でも月14万程度+ボーナスが100万円ぐらいなので年収で350万円はもらえていました。

いまは週4日のパートで10万円弱の収入です。

学費とかこれからのことを考えると少し心配もありますが、それより心と時間の余裕を優先しました。


これからの理想は、パート収入で月10万程度をキープしながら、フリーランスでSNSの仕事をもらって月4~5万程度にはなっていけたらいいなと思っています。

まだ子どもが小さい間は、年収を130万円以内に抑えて、扶養の範囲内で働きながら、

とにかく、SNSやWEBのスキルを身に付ける勉強と仕事を継続していきたいです。



―Funワークをしていく上で、今の悩みをお聞かせください。 


いまは発信するテーマを模索中なので、軸を見つけたいと思っています。

自分のインスタも投稿のネタが切れてしまって、ネタを探すのが大変な時がありますね。

家族の写真や子どもたちの写真をアップしているんですが

子どもたちの将来を考えて、いつまで顔出しをしていいのか悩むところです。

ネットって、たくさんの人がみて反応してくれるのが面白い分、

変な人もたくさんいると思うので、怖いコメントとかきたらいやだなという不安もあります。


まだまだ私もスキルアップを始めたばかりなのでどうなるか分かりませんが

これからも子どもや夫と向き合う時間をつくれるように

いまのスキルで収入が得られるようになればいいなと思っています。

manalea (マナレア) ‐子育てママのキャリアサポートメディア‐

ミレニアル世代の子育てママが悩む仕事と育児の両立不安。離職、退職、転職、復職。manalea (マナレア) は、子育てママの「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア

manalea(マナレア) 子育てママの「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア

manalea (マナレア) はミレニアル世代の子育てママにフォーカスして「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア。 「こだわり」「こうけん」「つながり」を大切に、新しい働く未来図をご紹介。

子どもを育てることは、人それぞれ、あまりにも状況が異なるのに、働く選択肢が多様でないために、女性だけが、生活の変化に合わせて、それまでの仕事を見直すことと向き合わなければならないのが現状ではないでしょうか?



正規か非正規か 正社員か契約社員かパートか その選択肢しかないという思い込みが「はたらく」

0コメント

  • 1000 / 1000