「自分の休み」の話

こんにちは。茜です

私には、小3・年中・2歳の子どもがいます。
仕事と子育てで毎日充実しているのですが、まだまだ手のかかる子どもたち。
毎日やることが盛り沢山です。

仕事中はずっと仕事のことを考え、会社から出れば家庭モードに頭が切替り「帰ってからあれをやって、これをやって…」と…
常に頭をフル回転させています(でも抜けてしまうのですが😂)

帰宅後や、お休みの日も「自分の休み」というよりは、お家のことだったり、家族のことをするための日になっていました。

(これでは私、パンクしてしまう!)

そんなわけで、家族の協力のもと先日お休みの日は、家事もせず誰のお世話もせず「ママがひとりでゲームする時間」を作りました

誰のためでもない自分だけの3時間😌
3時間ぶっ続けでひたすらだらだらとゲームだけをやりました。

するとあら不思議、終わってから頭の中もスッキリ、リフレッシュ!
とても前向きな気持ちになりました☺️☺️

たった3時間だったのですが、とっても貴重な3時間でした
仕事もママもお休みする日は必要!と思った日でした😚

manalea (マナレア) ‐ミレニアルママの「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア‐

manalea (マナレア) はミレニアルママの「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア。「こだわり」「こうけん」「つながり」を大切に、新しい働く未来図をご紹介。 ミレニアルママの「はたらく」を「ひろげる」取り組みと、会社の「はたらく」を「ひろげる」取り組み。 その両方を支援し、両方の架け橋となって、「子育て」が「何かをあきらめる」ことにならない社会の実現を目指します。

manalea(マナレア) 子育てママの「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア

manalea (マナレア) はミレニアル世代の子育てママにフォーカスして「はたらく」を「ひろげる」キャリアサポートメディア。 「こだわり」「こうけん」「つながり」を大切に、新しい働く未来図をご紹介。

子どもを育てることは、人それぞれ、あまりにも状況が異なるのに、働く選択肢が多様でないために、女性だけが、生活の変化に合わせて、それまでの仕事を見直すことと向き合わなければならないのが現状ではないでしょうか?



正規か非正規か 正社員か契約社員かパートか その選択肢しかないという思い込みが「はたらく」

0コメント

  • 1000 / 1000