ASIMO(アシモ)


こんにちは。優子です。


最近ロボットやプログラミングに興味津々な息子。


冬休み中はゲームを自作しておりました。


で、ロボットを実際に見てみたい!!!とお願いされ、日本科学未来館へ。


もともと博物館とか図書館とか、そういった類の場所が好きな息子。


日本科学未来館へも行ったことはあったのですが、そのときは今のようにロボットにはハマっていなかったので・・・コロナ対策を徹底して出かけてきました。


ちなみに人数制限ありの事前予約制な上に、お天気があまり良くない日だったこともあり、館内はガラガラでしたっ!


到着早々、ASIMOの実演ショーが始まるというのでさっそく会場へ。


運良く最前列のど真ん中の席をゲットしました。


ASIMOの登場を心待ちにする息子w


カーテンが開いて中からASIMOが出てくると、嬉しそうにニコニコ(というよりニヤニヤ)





実演後は、「背中にバッテリーが入っているんだよ」とか、「ヒューマノイドロボットはプログラムが難しいんだよ」とか、自分の持ってるロボットの知識をたくさん私に披露してくれました。笑


ちなみに、ASIMOは130cmなんですが、これは「人間とコミュニケーションがとりやすい大きさに設定した」ということなんだそうです。


小学生くらいの子たちが目線を合わせやすく、なおかつ、大人がイスに座ったときのだいたいの目線にもなるんだとか。(これは解説員のお兄さんが教えてくれました)


そして、帰り際ミュージアムショップに寄ったところASIMOフィギュアを発見。


「本物のASIMOにはなかなか会えない。手元でじっくりASIMOの動きを観察するためにこれが欲しい。」と上手にプレゼンされたので、買ってあげました。笑


我が子の興味が広がっていく様子を見るのは本当に嬉しいことですね♬



manalea (マナレア)

ミレニアルママの「はたらく」を「ひろげる」サポートメディア。 「こだわり」「こうけん」「つながり」を大切に、わたしたちの新しい「働く未来図」を紹介します。

0コメント

  • 1000 / 1000