運営スタッフ

大瀧 佳奈子

kanako otaki (青葉区在住)


私は、新卒で大手人材紹介会社に就職し、30代前半まで個人の転職支援をする仕事に従事していました。

社会の風潮の後押しもあり、女性の両立が図れる社内制度が整備され、私も産休・育休を取得し、仕事と子育ての両立ができるように時短勤務で復職しました。

しかし、2人目の育休中に、今後のことを考え、悩みました。


2人の子どもの育児をしながら、今まで通り両立が図れるのだろうか・・・。


子どもの体調不良で仕事を急遽休まなくてはいけないリスクは2倍、

子どもの行事が平日に入ってきてしまう可能性が2倍…

子どもたち同士の過ごす時間も増やしてあげたい… 


パートナーは海外出張が多く、ワンオペ育児をしていた私にとって、復職して2人の育児と仕事の両立は、ハードルがとても高く感じてしましました。


でも、「はたらく」ことをあきらめたくない。


ママになって、命の大切さ、両親の大切さ、家族の大切さ、仲間の大切さ、将来ある子どもの育児の大切さを実感しました。そして、今まで家族に守られ、社会に守られ生きてきたんだということが分かったからこそ、今度は自分が「はたらく」ことを通して、社会に貢献し続けたいと やっと強く想えるようになりました。


しかし、会社を退職したら私に何が出来るんだろう・・・。


会社ではいろんな方の転職支援をしてきたけれど、

突き詰めると、人の「はたらく」を考えることであり、その人の「はたらく」を支えていくことが私の出来ることではないかと思いました。そのことに気付いてから転職支援の職種だけにこだわる必要はないと思えました。


育休中に 今までの仕事を見つめなおし、自分の「はたらく」に向き合う時間が取れたことで、今後、自分が進んでいきたい道が見えてきました。

まずは、「はたらく」ことについて、改めて勉強するため、国家資格キャリアコンサルタントの資格取得を目指し、転職活動 + 資格の勉強を始めました。


そして、

子育てママが中心になって運営している株式会社オープンワールドと出逢い、人事として、

子育てママの「はたらく」に寄り添い、はたらきがいのある環境を整備していく仕事に転職しました。


はたらく時間、はたらける時間、はたらきかたは 人それぞれです。

子育てをしながら、8時間労働をするのは、ワンオペの私にとっては無理なことですが、幸運にも、入社当初から時短勤務を選択できました。

現在は、もっと子育てママが柔軟に働けるよう、はたらく時間を社員が自己申告できる制度に改めました。


もし、そのような、柔軟な「はたらきかた」が多くの会社でもスタンダードになっていけば、子育てママが「はたらく」をあきらめることから救えるのではないかと強く思うようになりました。


manalea(マナレア) というサービスは、多くの子育てママを支援するサービスです。

わたしには新たなチャレンジですが、

わたしたちらしく「はたらく」世界がひろがっていくことを 今までの経験を生かして、お手伝いしていきたいと思います。 


平野 優子 

yuko hirano (都筑区在住)


新卒で入社した会社を退職後、東日本大震災の被災地の子どもに勉強を教えに行きました。

将来を考える子どもたちの良き伴走者になれたらとの想いが芽生え、学習塾に転職。

その後、長男妊娠のタイミングで夫のアメリカ赴任が決定。

家族3人で新生活のスタートを切りたいと思い、仕事を辞め渡米をします。


アメリカでは育児の傍ら、ずっと興味のあった「文章を書く」ため、現地の有志メンバーで運営するWebマガジンのライター業にチャレンジ。 

その後引っ越したシンガポールでは、現地フリーペーパー誌の編集ライターに。

アメリカでの経験を生かして、ライター業を仕事にします。

週3日5時間程度の勤務時間で、育児の時間を優先しつつも、自分の希望するキャリアを目指す働き方を両立しました。


しかし帰国後、日本ではママが好きを仕事にするのが難しいと感じました。

子どもを預けて正社員としてバリバリ働くか、好きなことを妥協して比較的スキルがいらないとされるパートジョブをするのか。

働きたいと思うママの多くが、その二択から選択をしている。


私はいま、平日の4日間 9~14時だけ働いています。

子どもと関わる時間を最大限優先しつつ、自分のしたい仕事をしています。

今の社会で、育児と仕事のバランスを取りながら好きな仕事をする場所を見つけられた私はラッキーということになります。

でも本当は、すべてのママが「自分の意志を持って様々な選択ができる世の中」になるのが正しいはずです。


manalea(マナレア)は、ママが仕事にこだわりをもって働ける社会を目指したい、そんな想いを形にしたサービスです。


 私の今後の目標は、ママの多様な働き方をmanalea(マナレア)を通じてたくさんの人に届け、ママの働き方にひろがりを持たせた社会をつくるお手伝いをすること。

そして、自分自身がそのモデルになれるよう、一生懸命ハッピーに仕事をし続けることです。


川崎 茜 

akane kawasaki (青葉区在住)


大学では音楽(声楽)を専攻していました。


卒業後も

 “音楽の勉強を続けたい”気持ちと

 “技術的に自分は音楽を仕事にするのは難しいのではないか”という気持ちの間で揺れる中、

大学卒業後すぐに結婚し、早くに子どもを授かり、「音楽の勉強」と「子育て」との両立は断念し、

専業主婦として子育てをスタートさせました。 


その後3児の母となり、20代はほとんど子育て一色で過ごしました。


「仕事をしたい」 その気持ちはずっと持ち続けていましたが、

「子育てママが仕事をする」ことの制約の多さに踏み出だしきれず、3人の子育てに追われ、日々が過ぎていきました。


32歳を目の前にしたある日、

娘に「お母さんは何になりたいの?」と聞かれ、私はすぐに答えることができませんでした。

しかし、その言葉がきっかけになり就職活動を決意しました。


資格もなく、8年間子育てに専念していたので私の職務経歴書は空白です。

せっかくゼロからのスタートなら、「お母さんは何になりたいの?」と聞いてくれた娘に

堂々と「これがやりたかったことだよ」と言える仕事につきたいと思いました。


「これがやりたかったこと」と言っても、一番好きだった音楽の道を仕事に選ばなかった私には、

それを見つけるのは難しい問題でした。

でも「子育てに専念する」という道を選んだ自分の選択を後悔はしていません。


そんな私が「やりたいことって何?」と考えた時に、「自分の生きてきた人生まるごと活かせる仕事」なのではないかと思いました。

そこで「社会人経験はなく8年間育児に専念してきた、ありのままの自分」を武器に無謀な就職活動をし、

奇跡的に株式会社オープンワールドの仲間に入れていただくことになりました。

オープンワールドでは丁寧な新人研修があり、会社勤めをしたことのない私には驚きと発見と学びの毎日です。

やったことのないことばかりで、不安がいっぱいでしたが、manalea(マナレア)のメンバーとして企画から任されました。


仕事の経験もなければ、知識もない、社会人として当たり前のことも知らないと恥ずかしく思うことは一杯あります。

でも、転職をする子育てママの不安な気持ちに、私なら寄り添えるかも。

そして「これがやりたかったことだよ」と言える仕事になることを信じて頑張ってみようと思っています。